マザーネスについて

代表プロフィール

MotherNess 代表 / ウェルフェアプランナー・編集者

羽塚順子(はねづかじゅんこ)


公立中学校の身障学級(現・特別支援学級)で障がい児指導に携わった後、(株)リクルートの営業職などを経て、書籍や雑誌、Webの企画編集、執筆をする。2000人以上の著名人らを取材するなか、経営者と福祉施設を引き合わせて引出物をプロデュースしたことを機に、施設商品の企画開発、販促支援を始める。


ウェルフェアトレード(社会的弱者によって作られた価値ある商品)を使った引出物やギフトを「ヤサシイキモチ」ブランドとして提案。ヤマトホールディングスの子会社(株)スワンの福祉施設コラボレーションブランドとなるラブリースワンの企画を行う。福祉施設の問題解決と新しい価値を提案し、被災地の施設商品を企画プロデュースするなど、福祉施設のブランディングと地域おこしや企業等をつなぐ仕事づくりを行っている。


また、福祉法人や作業所向けの研修講師・アドバイザーとして、全国各地で福祉ブランドを向上させるための研修・講演を行っている。
研修講師/アドバイザー実績はこちら


2012年7月現在、ブランディングを手掛けた福祉施設・法人は約●を数えている。
事例紹介はこちら



<書籍等 編集実績>
WEB/リクナビネクスト「叱ってちょーだい」リクルート(編集・取材執筆担当2003~2009年毎週更新)、リクルートエージェント「階段を一歩上るとき」(取材執筆担当2009年~)、書籍・雑誌/リクルート、日経BP、幻冬舎、講談社、朝日新聞社、サンマーク出版、ソフトバンクパブリッシング、宝島社、ディスカバー21、あさ出版、アチーブメント出版、日本実業出版、東京書籍、水曜社、白夜書房ほか