事例紹介

ソーシャルウエディングのすすめ ウエディングリポート

#04 ウェルフェアトレードの引出物

引出物

引出物

中身もブライダルバッグもすべて、
ウェルフェアトレード品!

1日のはじまりである朝からハッピーを分け合えるものと考えて、ウェルフェアトレード(社会福祉取引)品をセレクトしました。名づけて「good morning set」。
引出物の中のコンフィチュールとヴィスコッティは、シェフをする新郎・信作がレシピを開発し、障害者福祉施設に製造を依頼。引出物リーフレットは、編集・ライターをする私、恵海が担当し、まさに、結婚式の決まりゼリフ「はじめての共同作業」でオリジナルの引出物づくりをしました。
また、引出物を入れた木箱に、緩衝材、木箱を包むあづま袋、お持ち帰り用のブライダルバッグにいたるまで、すべてウェルフェアトレード品であることにこだわりました。引出物は披露宴終了後、ゲストの皆さんすべてに手渡しして、感謝の気持ちをつたえました。

江戸小紋染職人のあづま袋

江戸時代から続く江戸ゆかたの染元4代目、「高常」さんの高級ゆかたの手ぬぐいを使い、縫製が得意な「社会福祉法人ウィズ 町田なないろ縫製部」さんにあづま袋として仕立てていただきました。このあづま袋で引出物を包みました。
江戸小紋染職人のあづま袋
江戸小紋染職人のあづま袋

桃のコンフィチュール「LOVE&Peach」と
「甲斐路ヴィスコッティ」

山梨県産の極上桃の規格外品を農家さんからゆずっていただき、新郎・信作のレシピでコンフィチュールに。また、山梨の高級種ぶどう「甲斐路」をドライフルーツにしたヴィスコッティも。ふたつとも「社会福祉法人あすなろの会 東部授産園みとおし」さんで製造していただきました。ヴィスコッティに「LOVE&Peach」をつけて食べると絶品!

桃のコンフィチュール
甲斐路ヴィスコッティ

奈良針葉樹の木箱

引出物を入れた木箱で、奈良の水と緑と太陽の香りが感じられます。引出物を支える緩衝材も家具づくりなどで出たひのきクズを使用しています。木工が得意な「社会福祉法人青葉仁会 日笠ワークス」さんにつくっていただいています。

奈良針葉樹の木箱

奈良ひのきの癒しスプーン

木箱と同じく「社会福祉法人青葉仁会 日笠ワークス」さんにつくってもらったジャムスプーン。ずっとなでていたくなる極上の手ざわりは、研磨に研磨を重ねていった賜物! 見た目の美しさにくわえ、使い勝手もいいとゲストからも好評でした。

奈良ひのきの癒しスプーン

玉ねぎ飴色炒め「オニオン・キャラメリゼ」

有機農家さんが育てた玉ねぎを飴色になるまで炒めたもので、オニオンスープにしたり、カレーにチャツネ感覚でも使える「プラスリジョン」さんの万能調味料。じっくり炒める作業は、根気のいる仕事が得意な障害特性を持つ発達障害のある方が行っています。

オニオン・キャラメリゼ

長崎県産カモミールティー

自然豊かな長崎の土地で、ハーブの栽培から収穫、製品化までを一貫して行っている「コリアンダーの家」さんの国産カモミールティー。ゲストからも野性味あふれる味わいと人気でした。

長崎県産カモミールティー

エコ・ブライダルバッグ

すべてウェルフェアトレード品でいくと決めたら、ブライダルバッグも!と英字新聞をリサイクルしてエコバッグをつくる千葉県の「精神障害者共同作業所hana」さんに製造を依頼。あづま袋で包んだ木箱が入るジャストサイズに仕上げていただきました。

エコ・ブライダルバッグ

引出物リーフレット

ウェルフェアトレード品のことをゲストの皆さんにも知ってもらいたくてつくった「引出物リーフレット」。商品紹介のほか、「LOVE & Peachストーリー」と題して、この商品ができた物語を収録。編集とライティング、写真は新婦の私が担当しています。



> お問い合わせ